予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事

賃貸が今後も借り手に有利な状態が続く理由を説明しました。日本は各地域で人口が減り続けています。

予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事

賃貸は今後も借り手市場になります

予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事
賃貸は今後も継続して借り手に有利な状態が続くと思われます。その理由としては少子化が進んでいて、人口が各地で減っているということがあるからです。人口が多過ぎるというのは困りますが、少なすぎるという場合も地域が荒廃してしまうので、必ずしも良いとは言えないでしょう。人が住まなくなった地域は荒地のようになってしまいます。現実に今日本でも過疎地域が増えていて、誰も住まないような地域が出てきています。

これは世の流れと言ってしまえばそれまでですが、これから家を購入したりする場合は、注意が必要になるでしょう。賃貸であればすぐに引越しをしたら良いのですが、持家だとそうも行きません。人がいなくなると、公共サービスも手薄になり、やがて誰もいなくなって遠くの市役所に行かないといけないというようになります。行政も今統合を繰り返しているので、公共サービスも平等ではないと言えます。これだけ人口が減ってきていると、どうしても賃貸もそうですが借り手市場が継続することは間違いないと言えます。
Copyright (C)2018予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事.All rights reserved.