予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事

賃貸入居に必要な費用の目安は家賃の6か月分と言われていますが、足りないと思います。鵜呑みにするのは危険です。

予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事

賃貸入居にかかる費用の目安

予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事
賃貸に入居するために必要な費用は一般的に家賃の6か月分と言われていますが、いくつもの賃貸契約をした経験のある私から言わせてもらえれば、6ヶ月なんて全然足りないと思います。6ヶ月の内訳は敷金と礼金、仲介手数料、前家賃その他で確かに最低限必要な費用は網羅しているように見えますが、引越しやら必要な家具やらのことは一切考慮されていません。しかし引越しをするのに今述べた費用以外一切かからない人はいないと思います。6か月分は最低限にも満たないと思っておいたほうがよろしいでしょう。

賃貸の敷金と礼金はそれぞれ2ヶ月分くらいが多いとよく聞きますが、これも私の経験では少なく見積もりすぎだと思います。礼金ゼロの物件も多いといいますが、礼金ゼロの物件はその分敷金が高くなっていたりします。礼金がゼロでなら敷金の2ヶ月分のみとなりますが、この前まで住んでいた賃貸マンションは家賃が6万円、敷金が25万円でした。とにかくお金は思った以上にかかりますので、家賃6ヶ月分では心もとないことは確かです。

お役立ち情報

Copyright (C)2017予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事.All rights reserved.