予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事

賃貸経営で生活をしていこうと思うと、結構大きな建物を所有しないといけないですね。でないと儲けにはならないです。

予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事

賃貸経営が出来るの夢ですね。

予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事
賃貸経営はしてみたい一つですね。先行きが不透明な時代になってるので、出来たら先の収入というのは確保しておきたいです。でもそれもなかなか確保はしにくいです。銀行の預金も大して利息はつかないし、ちょっと儲け話もリスクを背負うものが多いので、踏み切るのは怖いですね。その点賃貸は目の前に建物があって、そこの住人が住んでくれて、経営が成り立っていきます。そう考えると、見える所で収入というのが解っていいですね。

でも収入とまでいくには結構大き目の物件が必要となってきます。地主さんなら大きな物件もたててそこを人に貸してというのは多いです。サラリーマンなら、マンションの一室を買い上げて、そこのローンの返済を入居してくれた人の家賃で賄う位しかできないですね。でも、出来たら、ちょっと大き目のマンションなり、アパートなりを立ててみたいです。それで、収入とローンの差し引きで生活出来たら、いうこと無しになるなと思います。
Copyright (C)2018予め余裕がある状態で賃貸物件と契約する事.All rights reserved.